[PR]

 神奈川県平塚市千石河岸の「デニーズ平塚海岸店」で連休前の18日、客席の天井板が落下する事故があり、2人が軽いけがをしていたことが分かった。同店を運営するセブン&アイ・フードシステムズ広報や平塚署によると、18日午後0時半ごろ、客席の上の天井板が3メートル四方にわたって落下。破片にあたるなどして1人が駆けつけた救急隊員の手当てを受け、またその後、居合わせたという客1人から軽いけがをしたと連絡があったという。

 天井は石膏(せっこう)ボードが下枠にビス留めされたもので、2003年9月の改装で設置した。落下後の調査で腐食などは見られず、同社で原因を調査中という。現在、同型の19店舗を中心に、天井の緊急点検を行っている。「平塚海岸店」は点検と応急処置を終え、翌19日から営業再開した。同社では「お客様にご迷惑をかけ申し訳ない。原因を調査してきちんと対応したい」としている。

 直下の席にいた都内の女性は、とっさに手で落ちてきた天井を支え、難を逃れたという。「食事中にいきなり天井が落ちてくるなんて、あってはならないこと。営業再開を急ぐよりも、徹底した調査をして利用者を安心させてほしい」と話している。