[PR]

 女優の井川遥さんや人気モデルの滝沢眞規子さんらを起用し、子育て中のおしゃれママからの圧倒的な人気を得る女性誌「VERY」(光文社)。編集長の今尾朝子さん(43)は昨年夏に第1子を出産、今春、職場復帰しました。フリーライターを経て女性誌「STORY」の編集部から、現職に抜擢(ばってき)されて8年余り。母になった敏腕編集長の働くスタイルは、今の社会への挑戦のようにも見えます。

 午後5時半。これから一仕事という人もいるなか、今尾さんの「締め切り」は毎日この時間にやってくる。保育園に1歳の娘を迎えに行くためだ。

 「以前は、24時間寝ている時以外は仕事を受け付ける態勢でした。メールも電話もいつでも」。遅くまで働いても、それが楽しかった。今は朝6時過ぎに起き、保育園に娘を預けてから会社へ。地元の認可園に空きがなく、通園はバスで40分。仕事柄不規則な夫の手は借りず、家から会社までの2時間コースを往復する毎日だ。夜、部下や仕事の関係先との食事や会合に行くこともなくなった。

24時間型やめた

 VERY編集長に抜擢されたのは2007年。「かわいい」よりも「かっこいい」お母さん路線が、女性の心をとらえた。こだわるのは、リアルで手が届きそうな「半歩先」の提案。就任以降、部数を伸ばし、現在約32万部。30代向け女性ファッション誌でトップを走り続ける。

 編集長になって数年は「まさにモーレツサラリーマン」。しかし、働き方への疑問はその頃から感じていた。雑誌編集の現場は夜型の勤務スタイル。じんましんなど身体の不調も出た。「若い女性部下は、ぼろぼろになっている自分のようには誰もなりたくないはず」。朝に集中して、電車のあるうちに帰る日を増やした。

 そしていま、自ら子育てのためにさらに早く帰ることで、職場の意識も変わりつつあると感じる。職場にいなくても、今はインターネットもバイク便もある。「抱える事情はみんなそれぞれ。若い人たちが、結婚・出産して働くことに不安を持たないで済むようにしなければ」

 いわゆる「ワンマン編集長」タ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら