東京都港区の慶応義塾大学三田キャンパスから徒歩1分の場所にあるカフェ。

 東大や京大など、有名大学の近くに全国10店舗を展開する「知るカフェ」だ。ドリンク代などの経費は現在約180社のスポンサー企業が負担する。企業はここで説明会などを通じ、学生と交流する仕組みだ。

 「自分は安定志向なので、就職活動では福利厚生や職場環境を重視したい」

 友人とうち合わせしていた慶大3年の男性(20)はこう話した。長時間労働や過酷なノルマがないか企業の評判に気を配っている。

 知るカフェを経営する「エンリッション」の柿本優祐社長は、「就職で自分のやりたいことを第一に考えるのはごく一部のトップ層だけ。大半の学生が重視するのは福利厚生で、カフェでの説明会でもそうした質問が多い」と語る。

 大学生の就職意識調査で、学生たちの志向の変化はくっきり表れている。

 マイナビが今年6月に発表した2016年卒の大学生就職意識調査では、「行きたくない会社」を聞く質問(二つ選択)で、01年卒と比べ、「休日・休暇がとれない(少ない)会社」は倍近い27・4%に、「残業が多い会社」は4倍近い11・4%に上った。(風間直樹)

■ノー残業、決断の陰に妻・娘

 世の中の変化を感じ取り動き出した企業がある。

 長時間労働が当たり前だったシ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら