[PR]

 8日午後9時50分ごろ、広島市中区流川(ながれかわ)町の雑居ビルで「炎が出ている」などと通行人から複数の119番通報があり、このビルと隣のビルが全焼した。広島県警によると、男女4人が病院に搬送され、このうち雑居ビルに入居するメイドカフェの女性従業員(21)=広島市安佐南区=と男性客(36)=西区=の2人が意識不明の重体、別の女性従業員(25)=佐伯区=と男性客(43)=山口県岩国市=が軽症という。さらにほかの女性従業員(28)=広島市東区=と連絡がついていないといい、県警と消防が確認を急いでいる。

 広島中央署によると、被害が大きかったのは、鉄骨2階建ての雑居ビルに入るメイドカフェ「黒猫メイド魔法カフェ」。当時は店に女性従業員11人と男性従業員1人、客約10人がおり、負傷した従業員と客はいずれも2階にいたという。目撃者らによると出火当時、何かが爆発したような音がしたという。

 9日午前1時現在、消防が消火活動を続けている。店外に出た従業員や客ら数百人が不安そうな表情で現場を見つめた。

 現場は広島市中心部の繁華街の一角で、飲食店などが入った雑居ビルが立ち並んでいる。約1キロ圏内には原爆ドームや広島平和記念資料館がある。

■現場は一時騒然

 繁華街の一角で黒煙と炎がわき上がった。広島市中区流川(ながれかわ)町で8日夜に発生したビル火災。飲食客らが多数行き交う時間帯に発生したため、現場は一時騒然とした。9日未明になっても黒煙は上がり続けており、通行人らが不安そうな様子で見つめていた。

 「助けて!」

 近くで生花店を経営する60代男性は、メイド服を着た6~7人の女性らが叫びながら火元とみられるビルから避難するのを目撃した。現場に着いた救急車が、ビルの外で倒れていた人を搬送していったという。

 119番通報が相次ぎ届き始めるのは、8日午後9時50分ごろ。現場付近は多数の雑居ビルが立ち並んでおり、大小さまざまな店が入っている。出火当時、付近を通ったという30代の男性会社員は「黒煙がボッと噴き出して、ドンと大きな音がした。炎が噴き出し、隣の建物に燃え移っていった」と話した。

 「やばい! やばい!」

 当時、調理中だったという近くの和食店経営の男性(42)は近所の人から避難を促された。店を出ると黒い煙が充満し「前が見えず、軽いパニック状態で逃げた」と話した。これら避難してきた人や足を止めた通行人らは一時数百人にのぼった。

 近くのホテルの男性従業員によると、男性宿泊客が「火事だ! 消火器ありますか?」と、慌てた様子で外出先から戻ってきた。従業員も現場へ向かうと、ビル1階の飲食店の天井部分が炎に包まれ、通路からも火が噴き出ていた。従業員は「黒い煙が広がり、前がよく見えなかった。煙を吸ってのどが痛かった」。

 近くの飲食店「やきうお処宵酔(よいよい)薬研堀」の店長、大塚祐侍郎さん(37)は「10年以上この街で働いているが、これほどの火災は初めて」と話した。