[PR]

 阪神の藤井彰人捕手(39)が、現役を引退することが分かった。本人が12日までに認めた。今季はレギュラーシーズン71試合に出場。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは11日の第2戦にフル出場した。

 藤井は、近大からドラフト2位で1999年に近鉄入り。オリックスと近鉄の球団合併に伴う選手分配ドラフトを経て、2005年から新球団の楽天でプレー。10年オフにフリーエージェント権を行使し、阪神へ移籍した。通算成績は1073試合出場で、565安打、打率2割3分6厘、10本塁打、173打点。(時事)

こんなニュースも