[PR]

 無国籍で重度の障害のある18歳の少年が名古屋・大須の路上で、車いすから転落死した。骨が正常に発達せず、身長1メートル弱、20キロ。小さな体はわずかな衝撃も受け止められず、頭を打ったらしい。4月、施設を出て自立生活を始めたばかりだった。

 亡くなったのは、エンリケス・マルビンさん(18)。9月18日、友人と遊びに来て「次の店を探してくる」と1人で飲食店を出た後、路上に倒れていた。

 名古屋市によると、1997年1月生まれ。母は不法滞在のフィリピン人だったらしい。同5月、息子を残し、姿を消した。乳児院を経て、今年3月まで同市西区の医療型入所施設で育った。父の記録はない。

 先天性の骨形成不全症で骨が弱かった。くしゃみをするだけで肋骨(ろっこつ)が折れ、手を振れば、腕の骨が折れた。10代半ばまで、1人で行動する範囲は施設と隣接する特別支援学校、100メートル先のコンビニエンスストアまでだった。

 施設の仲間は夏休みなどに自宅に帰るが、マルビンさんには帰る場所がない。はた目には「明るいマルちゃん」だが、内心は「人と仲良くしたくない」。当時はそんな心境だった。

 変化したのは中学の時だ。こっそりネットに接続し、施設生活や障害を隠した「第2のマルビン」としてチャットに参加し、社会へ関心を募らせたらしい。

 高等部1年の時、「自由に生きたい。そのためにお金が欲しい」。愛知県の読書感想文コンクールでこんな夢と現実を見据えた文章を書き、部門最優秀の知事賞を取り職員を驚かせた。

 今春、施設を退所し、介助を受…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら