[PR]

 本棚の中にのぞくのは2段ベッド――。「コンセプトは泊まれる本屋さん」という宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」が5日、東京・池袋駅西口に開業した。

 宿泊者は、本棚に並ぶ約1700冊から自由に手に取り、ベッドで読むことができる。「ドラえもん」などの漫画本や写真集、旅行ガイドから、夏目漱石の「こころ」など小説、数学本まで幅広くそろえている。近年増えている外国人観光客の利用も想定し、4分の1は洋書という。販売はしていない。

 全30床で、シャワー、トイレなどは共同。1泊3500円から。施設を手がける不動産仲介会社「アールストア」の力丸聡さん(34)は「読書をしながら寝落ちしてしまう幸せな体験を味わって」。(西畑志朗)