[PR]

 エスカレーターで急ぐ歩行者のために片側を空けるマナーが定着しているが、追い越しの際に体や荷物があたって転倒するケースが目立っている。東京消防庁の調べでは、搬送される人がここ数年で増加。鉄道事業者は注意を呼びかけ、メーカーも対策に乗り出した。

 国内最多の1日75万人が乗車するJR新宿駅。エスカレーターの右側を次々と急ぎ足のサラリーマンらが歩いて上っていく。左側に立つ利用者は、しっかりと手すりをつかんでいた。

 友人との会合で週3回ほど新宿駅を利用するという横浜市の須藤孝夫さん(78)は「できるだけ端に寄っている。荷物があたって転んだことがあるので」と話した。

 東京消防庁によると、都内でエスカレーター事故で救急搬送されたけが人は増えている。2012年は前年より93人多い1289人で、13年は1380人、14年は1443人にのぼった。年齢別では65歳以上が58%で、5歳未満が4%だった。重傷は16人いた。

 歩行中の事故では「後ろから来た男性と接触して転び、右手や右ひざに軽いけが」(2月、52歳女性)、「上りエスカレーターを飲酒後に上り、バランスを崩して後ろ向きに約30段転落して重傷」(6月、66歳男性)などがあった。

 東京都身体障害者団体連合会(都身連)には、追い越しされた際に白杖(はくじょう)を蹴られたという視覚障害者の相談もある。

 脳梗塞(こうそく)で左半身にまひが残る立川市の杉田陽子さん(68)は右側の手すりにつかまりたいが、慣習に従って左に並ぶ。体の前で右手をクロスして手すりをつかむ。「右側に立って、じゃまと怒鳴られたことがあった。バランスは取りにくいが仕方ない」

 都身連の顧問宮沢勇さん(66…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら