[PR]

 千葉県浦安市は5日、近隣住民らにエアガンを撃ったとして、財務部に勤務する男性副主査(47)を地方公務員法に基づき減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にし、発表した。市川署が暴行容疑で調べている。

 市や署によると、副主査は9月19日午後5時半ごろ、酒に酔った状態で自宅の窓から近所に住む男性ら2人に向けエアガンでBB弾を撃ったという。男性が110番通報した。発射場所からの距離は30メートルほどで数発が男性1人の右腕に当たったが、けがはなかった。周囲には弾が30発以上落ちていたという。

 副主査は当日は休みで午後1時ごろから缶チューハイを4、5本飲んでいたといい、「アクション映画を見ていて興奮して撃った。人影が見えて当たっても大したことはないだろうと思った」などと話しているという。