[PR]

 「お菓子リュック」が若い女性や子どもの間でブームの兆しを見せている。お菓子パックをいろいろとつなぎ合わせてリュックを自作するもので、元をたどれば韓国発という。「カラフルでかわいい!」と画像がネットで広がり、日本でも春ごろから女子高生らに飛び火した。誕生日プレゼントやパーティーグッズとして流行し始めている。

 この流れをみて動いたのは大手製菓会社。作り方をホームページに載せたり、リュックにとどまらず帽子やブーツも提案したりと、情報発信を続ける。クリスマスシーズンに向けて盛り上げ、お菓子の販売拡大に努めている。

 明治は、自社製品の「きのこの山とたけのこの里」や「ヨーグレット」などを使った「お菓子リュック」の作り方をホームページに掲載。これらを身につけて楽しむことを「お菓子コーデ」と名付け、ブームを後押ししている。