[PR]

 暴力団の利用を禁じる規約がある都内のホテルの宴会場を、暴力団であることを隠して借り、ものまねショーを開いたとして、警視庁は17日、指定暴力団稲川会系組幹部山本慶一容疑者(43)=東京都品川区=ら男女4人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。警視庁は、ショーによる1千万円以上の収益を組の資金源にしていたとみている。

 他に逮捕されたのは、貸しスタジオ運営会社の社長竹田勝司(70)=東京都港区=ら3容疑者。山本容疑者は黙秘し、竹田容疑者は容疑を認めているという。

 組織犯罪対策3課によると、4人は昨年11月、東京都港区のホテルで、山本容疑者が主催するディナーショーを開く目的を隠し、竹田容疑者の会社の慰労会と偽って宴会場を借り、ショーを開いた疑いがある。ホテル側は、宴会場の利用規約で暴力団の利用を禁じていることを竹田容疑者に説明していたという。

 ディナーショーには、著名なものまねタレントが所属する新宿区の芸能事務所から派遣されたタレント5人が出演。チケットは1枚3万5千円で、山本容疑者の組の地元の風俗関係者らに約550枚を販売し、当日は約350人が集まったという。