【動画】H2Aロケット29号機打ち上げ
[PR]

 H2Aロケット29号機が24日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約4時間半後、搭載していたカナダ・テレサット社の通信放送衛星を予定の軌道に投入。国産ロケットによる初の商業衛星打ち上げが成功した。国際的に商業衛星の需要が高まる中、商業衛星打ち上げで海外と競争を繰り広げる三菱重工業が初めて受注。この成功で今後の受注に向けて弾みがつきそうだ。

 当初打ち上げ予定の午後3時23分前、海上の警戒区域に船舶が進入。カウントダウンを中断するハプニングがあったが、安全確認後の午後3時50分、H2Aは白煙を上げて発射台を離れた。

 午後8時16分に衛星がロケットから切り離され、静止軌道近くへの投入が確認されると、見守っていた同社や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の関係者から拍手が起きた。

 従来のH2Aでは衛星を高度数百キロで切り離していたが、静止軌道に近い約3万4千キロまでロケットで衛星を運ぶため、同社は長時間飛行や、静止軌道に入る前にエンジンが着火できる新たな技術を採り入れた。この改良で飛行にかかる衛星側の燃料負担が少なくなった分、機器や衛星の寿命を延ばす燃料を積めるため、商業衛星市場で欧米などと同じ土俵に立って勝負できることを示した。

 H2Aは23回連続成功。来年1~3月には30号機を同センターから打ち上げる予定。国産ロケットでは次の主力ロケット「H3」の開発も始まっている。(小林舞子)

関連ニュース