[PR]

 自宅の駐車場を1日単位で貸し出すシェアサービスが、首都圏を中心に広がりを見せている。都心や観光地では駐車場が見つからないことも多いが、事前に駐車場が確保できるとあって利用者も増加。新しいサービスだけに、思わぬトラブルへの心構えも必要だ。

 東京ディズニーランドまで歩ける場所にある千葉県浦安市の住宅街。数年前に車を手放した60代の女性はこの秋、自宅の駐車場を貸し始めた。1カ月で利用が3件あり、計数千円の収入になった。「思ったより利用者がいて驚いた。臨時収入になりました」

 一方、ディズニーランドを訪れるために使った男性(38)は「渋滞に巻き込まれないし、料金も安かった」。園内にも駐車場があるが、閉園時間には周辺の道路が大渋滞する。

 仲介したのは、今年10月にシェアサービスに参入したばかりの「トメレタ」(東京都新宿区)。運営する松橋淳人社長は「眠っている駐車場は多い。貸す側と借りる側、双方にメリットがある仕組みだ」と話す。

 家や店で使っていない駐車場を貸すこうしたシェアサービスの特徴は、インターネットでの簡単な手続きと、使っていない時だけ貸せる気楽さだ。

 貸す側は運営会社のサイトを通じて場所や料金、日付を入力。車の不在時や店の定休日だけ貸すことも可能だ。利用者側は希望の場所や日付で検索。気に入ったものが見つかれば、氏名や連絡先などを入力し、クレジットカードで料金を前払いする。運営会社は手数料を取り、残りは貸し手の収入になる。

 2012年に他社に先駆けて始めたのが「軒先パーキング」(東京都目黒区)。野球場やコンサート会場周辺などを中心に、全国約700カ所に拡大した。西浦明子社長は「コインパーキングと違い事前予約できるのが好評」という。コイン式に比べて料金が安い点も人気の理由という。