[PR]

 トヨタ自動車は18日、クラッチに不具合が出るなどとして10車種計44万3460台(2006年9月~13年8月製造分)のリコール(回収・無償修理)を届け出た。

 国土交通省によると、「カローラ アクシオ」など7車種34万6199台は、エンジンの動力をタイヤに伝える部品のゴムが劣化し、クラッチに不具合が出るおそれがある。「発進できない」「加速できない」などの報告が10年7月~今年7月に74件あった。

 このほか、2車種9万4194台は燃料ポンプの設計ミスで燃料が供給できなくなり、「アイシス」3067台は燃料が漏れるなどの可能性がある。

 問い合わせは同社お客様相談センター(0800・700・7700)。

     ◇

 リコール対象車種は次の通り。

 カローラ アクシオ、カローラ フィールダー、カローラ ルミオン、オーリス、プレミオ、アリオン、イスト、SAI、HS250h、アイシス(中田絢子

こんなニュースも