[PR]

 芥川賞受賞者の平均寿命は受賞を逃した候補者(落選者)より長いのに、直木賞の受賞者は候補者より短命――。大竹文雄・大阪大学社会経済研究所教授と佐々木周作さんら大学院生のグループが、28日に開かれる行動経済学会で、こんな研究結果を発表する。

 芥川賞は新進作家の純文学、直木賞は中堅作家の大衆文学に贈られる。1935年の創設以来計341人が受賞。研究では、候補になった1056人中、戦死など不可抗力で死亡した人を除く日本人男性計704人を調べた。

 そのうち、既に亡くなった381人の平均寿命を単純比較すると、芥川賞は受賞者が74・8歳で、落選者を6・2歳上回った。直木賞は、受賞者は73・3歳で落選者より2・4年短かった。

 次に、存命者も含めた計704人について出身地など寿命に影響する他の要素を調整して比べた。初めて候補になった年以降の平均余命(予測値)を比べると、芥川賞受賞者は落選者より3・3年長かった。逆に直木賞では、受賞者は落選者より3・3年短かった。

 同じ名誉ある賞なのに、なぜ逆の効果が出るのか。大竹さんは「芥川賞の対象の純文学は娯楽作品より売れず生活が不安定な若い作家が多いため、受賞の有無で所得や幸福度が大きく変わり、それが肉体と精神の健康に影響しやすいからでは」と分析する。一方、直木賞は既に実績のある作家が受賞するため、むしろ過労などが悪影響を及ぼす可能性があると推測する。

 大竹さんは、芥川賞を受賞した又吉直樹さんと共演するNHKの経済番組「オイコノミア」で賞と寿命の関係を紹介したのをきっかけに、研究を進めた。(高重治香)