[PR]

 「ぶちくらせ!」。北九州のサッカーJ2のサポーターが応援で掲げた方言が地元愛なのか、暴言か論争を呼んでいる。お国言葉に逆風が吹いているのか?

 「ぶちくらせ」は、「殴り倒せ」の意味。J2・ギラヴァンツ北九州のサポーターの一部が試合中の応援コールに使っていたが、2015年春には「ぶちくらせ!北九州 心ひとつに」という巨大な横断幕がスタンドに掲げられるようになった。

 クラブ側は14年にも「味方を鼓舞する応援にしてほしい」と自粛を要請したものの、「ぶちくらせ」コールは止まらなかった。クラブ側は7月、クラブが掲げる「子どもに夢と感動を」との理念に照らすと、「不適切な表現」とする見解を文書で示したが、サポーター側は「地元愛が伝わる」「Jリーグが禁じる差別的表現ではなく、方言」などと反発した。

 見解の3カ月後、クラブ側は「ぶちくらせ」の横断幕やコールの禁止を発表し、サポーター団体に、横断幕の持ち込みやコールを禁じる同意書へのサインを迫った。だが、折り合いはつかず、14人のサポーターが試合会場への入場禁止になった。

 こうしたなか、昨年12月にはクラブの横手敏夫社長が4月までの任期を残して辞任を表明、退任した。横手社長は会見で、一連の騒動の責任を辞任の理由の一つに挙げた。

 クラブの広報責任者の井上裕介さん(39)は「一緒にチームを支える仲間だけに処分は苦肉の策」。一方、入場を禁止された一人で、サポーター団体「YELLOW BRIGADE」代表の染岡勇輝さん(35)は「今後も『ぶちくらせ』禁止撤回を求めていく」と話す。

 良かれと思って使った方言が思…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら