[PR]

 「お金を払うから1位にして下さい」。商品やサービスを紹介するランキングサイトに、こう頼む企業が相次いでいる。下位になった企業がサイト側を訴える事例もある。なんでそんなことが起きるのか。

 「1位5千円、2位3千円、3位1千円。特別報酬キャンペーン実施します」。神奈川県内の男性に昨年、メールが届いた。男性は服やバッグなど身近な生活用品を実際に使って紹介するサイトを運営し、閲覧件数は月数万件を誇る。メールの送り主は、サイト経由で商品が売れるたびに1430円の報酬を払うサプリ販売業者だが、ランキング形式の紹介で上位に掲載したら報酬を上乗せする、というのだ。

 この男性のもとには職業紹介業者から「1位なら5千円にアップ」、占い業者からは「1位で3千円から6千円」といった依頼が相次いだ。収入が増える可能性もあったが、男性は「自分がよいと思わない商品を1位で紹介するのは、うそを伝えること」と考えて依頼をすべて無視した。ただ、「これだけ来るということは、報酬につられるサイトがあってもおかしくない」と想像する。

 男性が自身のサイトに掲載するのは、商品が売れた場合に企業から報酬がもらえる「成功報酬型」の広告だ。「アフィリエイト」とも呼ぶ。広告会社などで作る日本アフィリエイト協議会(横浜市)には一昨年ごろから、「上位掲載の依頼が来ているがどうすればいいのか」といった内容の相談が寄せられている。協議会は「やらせランキング」として、サイト運営者に注意を呼びかけている。

 協議会によると、日本語のアフィリエイトサイトは推計約500万あり、商品やサービスのランキングを掲載するサイトも目立つ。企業がお金を払ってまで1位になりたがるのは「1位と2位では販売効果が5倍以上違う」(広告会社)ほど、商品の注目度に差が出るからだ。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら