[PR]

 サッカーJ1ガ大阪のブラジル人FWパトリックに対し、ツイッターで浦和サポーターを名乗る人物から黒人差別と受け取れる書き込みがあった問題で、Jリーグの村井満チェアマンは29日、「許されないことだとみんな思っている。社会全体に啓発を続けていく以外はない」と話し、差別撲滅に向けた姿勢を強調した。28日深夜にJリーグからツイッター社に違反の報告をし、当該ツイートは削除された。書き込んだ個人が特定出来ないため、クラブへの処分は科さない方針という。

 29日にクラブハウスで取材に応じたパトリックは「ショックで眠れなかったけど、それぞれの人種が互いをリスペクトして助け合っていけたらと思う。日本を好きな気持ちは変わらない」と心境を語った。

 問題となったツイートは、埼玉スタジアムで28日に行われたチャンピオンシップ準決勝の浦和―ガ大阪で、1得点を挙げたパトリックの個人アカウントに送られた。試合後、自身のツイッターに送られた投稿を確認すると、「黒人死ねよ」などと差別的投稿があった。日頃送られる投稿も、インターネットの翻訳機能を使ってポルトガル語で理解しているという。

こんなニュースも