[PR]

 理化学研究所は31日、グループディレクターで九州大教授の森田浩介氏のチームが人工合成した新元素が、国際純正・応用化学連合(IUPAC)に原子番号113番の元素として認定され、命名権を与えられたと発表した。半年程度かけて新元素の名前と元素記号を決める。日本の研究チームが発見した元素が、周期表に載るのは初めて。アジアでも初。別の方法で合成したと発表した米ロのチームと命名権を争っていた。

 理研によると、日本のチームは新元素が崩壊する過程を明らかにするなど、信頼性の高い実験を成功させたことが決め手になったという。

 新元素は、埼玉県和光市の研究施設にある加速器で、原子番号83番のビスマスに30番の亜鉛の粒子を当てて核融合させる方法で合成に成功した。