[PR]

 31日正午ごろ、香川県さぬき市志度のJR高徳線オレンジタウン駅で、徳島発高松行きの普通列車(1両編成)が脱線した。乗客乗員46人にけがはなかった。

 JR四国によると、高徳線は単線で、この列車は同駅で下り列車とすれ違う予定だった。下り列車の到着が遅れ、信号は赤だったが、運転士(54)が信号を見落として発車。衝突を防ぐ側線に自動的に入り脱線したという。

 この事故の影響で、高徳線は上下線で一部区間の運転を約6時間にわたり見合わせた。