[PR]

 地図検索サービス「グーグルマップ」の地図表記を書き換えたなどとして、警視庁は1日、盛岡市の大学生(21)と愛知県田原市の会社員(30)、大阪市の無職(30)の男3人を軽犯罪法違反(いたずらによる業務妨害)容疑で書類送検し、発表した。

 サイバー犯罪対策課によると、3人は4月15~20日、グーグルマップの機能を使い、国会議事堂や広島市の原爆ドーム、島根県出雲市の出雲大社がある場所に、東京都内の弁護士事務所の名称を勝手に書き込んで、同事務所の業務を妨害した疑いがある。3人に面識はなく、それぞれが別々に書き込んだことを認めているという。

 グーグルマップは、ユーザーが地図情報を登録するとグーグル社がチェックして反映している。今年4月中旬、警視庁本部が「警視庁サティアン」などと表示されたほか、金沢市の金沢城公園や兵庫県姫路市の姫路城などでも「サティアン」などと書き込まれるトラブルが発生。この仕組みを悪用したいたずらが相次いだため、同社はチェックの工程を強化したという。

 グーグル社は1日、「不適切な場所情報が表示されたことについて、改めてご迷惑、ご心配をお掛けしたことをおわび致します。マップには、ユーザーから新店舗の開業や既存店舗の移転などに関する場所情報が寄せられており、大多数は有益なもの。不正確な場所情報の検出や防止を始めとする対応を強化している」とのコメントを出した。