【動画】「学校がなくなっても、おじさんのことはいつまでも忘れません」=米沢信義撮影
[PR]

 山形県鶴岡市立羽黒第四小学校に41年間にわたり、毎月、図書費を匿名で送り続けてきた男性がいる。その寄付で購入した図書は1400冊超。児童らは「鶴岡のおじさん」と呼んで毎年、見知らぬ男性に感謝する祭りを開いてきた。だが、児童数24人の同校は来春、閉校することに。4日にあった最後の祭りに、本人がついに参加した。

 男性は、鶴岡市出身で仙台市に住む金野昭治さん(68)。ランチルームで行われた「おじさん祭り」で、白髪に柔和な笑みを浮かべて児童と向き合った。

 「私は子どもの頃、環境に恵まれず、地域の恩を受けた。その恩返しのつもりで続けてきました」。子どもたちは、41年分の「ありがとう」の思いを込めた手紙をプレゼント。代表してあいさつした冨樫直希君(4年)は「おじさんとの思い出を大切にしていきます」と感謝した。

 寄付の始まりは1974年4月12日。学校に届いた封筒の裏には「鶴岡市」とだけあった。手紙には「社会から受けた温かい恩に少しでも報いたい。図書費に使って下さい」と書かれ、2千円が同封されていた。

 以降、金額は途中から5千円に変わり、消印も仙台市となったが、封書は毎月届いた。自らを「おじさん」と称し、ほぼ毎回、「釣り、スキーが趣味です」「学校の近くを通りかかりますが、『遠くから見つめる』と誓っています」などの言葉を添えていた。

 児童は毎年「おじさん祭り」を開き、想像して似顔絵を描き、思いをつづってきた。「私が本好きなのはおじさんのおかげ」と佐藤柚子香さん(5年)。

 寄付の総額は約220万円。「おじさん文庫」は1400冊を超えた。だが地域の少子化が進み、同校が隣の小学校と統合され、閉校することが決まった。

 すると今年3月、思いがけず「おじさん」から校長宛てに手紙がきた。故郷の友人から閉校の話を聞いたという。

 「おじさん」は今年10月、全…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら