明治安田生命保険が3日発表した2015年に生まれた赤ちゃんの名前のランキングで、一番多かったのは、男の子が「大翔」(ひろと、やまと)、女の子が「葵」(あおい)だった。「大翔」は4年ぶり7回目、「葵」は8年ぶり3回目の1位だった。

 調査は27回目で、同社の保険加入者の子ども8400人を調べた。男の子は「翔」を使った名前に人気があり、「陽翔」(はると、ひびと)、「結翔」(ゆいと、ゆうと)、「悠翔」(ゆうと)も、12の名前がランクインした上位9番目までに入った。

 明治安田生命は「今年の干支(えと)が『羊』だったことも影響しているのでは」とみている。女の子は1位の「葵」のほか、「さくら」「花」など植物にちなんだ名前に人気があった。

 また、ベネッセコーポレーションが先月30日に発表したランキングでも女の子の1位は「葵」。男の子は「悠真」(ゆうま、はるま)が1位だった。