[PR]

 知人女性の生後3カ月の長男に覚醒剤を投与して殺害したとして、熊本県警は6日、熊本県益城町宮園、自称会社員吉村天翔(てんしょう)容疑者(24)を殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕し、発表した。県警は「捜査に支障が出る」などとして、認否を明らかにしていない。

 発表によると、吉村容疑者は9月4日未明ごろ、熊本市東区のホテルで生後3カ月の西田悠真(ゆうしん)ちゃん=同市南区川尻=に覚醒剤を投与して殺害した疑いがある。司法解剖の結果、悠真ちゃんの死因は覚醒剤による中毒とわかったという。

 捜査1課の説明では、吉村容疑者と悠真ちゃんの20代の母親、悠真ちゃんの3人は4日午前3時ごろにホテルに入った。同日午後0時半ごろ、母親から「寝て起きたら、3カ月の子どもが泡を吹いて、かたまっている」と110番通報があった。悠真ちゃんは心肺停止の状態で病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

 警察官がかけつけた時には、吉村容疑者はその場にいなかったという。県警は、母親が寝ている間に吉村容疑者が覚醒剤を投与したとみている。

 吉村容疑者と悠真ちゃんの母親は、数年前に知り合ったという。県警は悠真ちゃんの死後の9月、覚醒剤を自らに使ったとして、吉村容疑者と母親を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。2人の尿からは覚醒剤の成分が検出されたという。熊本地裁は2人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。