【動画】かつて「奇跡の子牛」と呼ばれ、話題を呼んだ「元気くん」=松尾俊二撮影
[PR]

 「小学生になったら、友だちがたくさんできますように」――。牛が描かれた絵馬に、かわいい文字が書き込まれている。「サッカーがじょうずに」「テスト100点」。夢や目標の願い事も。岡山県勝央町の農業公園「おかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジ」。その一角にある牛舎の柵に、来場者たちが絵馬を結び付けていく。

 牛舎の主は、黒毛の雄牛「元気くん」。かつて「奇跡の子牛」と呼ばれ、話題を呼んだ強運の牛だ。

 1998年10月。台風10号で吉井川がはんらんし、津山市内の牧場で飼われていた生後約6カ月の子牛が濁流にのみ込まれた。数日後、約90キロ離れた瀬戸内海の黄島(瀬戸内市牛窓町)に漂着し、生き延びているところを発見され、無事に救助された。

 奇跡の生還は被災者を勇気づけ、歌や絵本、紙芝居の題材にもなった。牧場から農業公園に寄贈され、元気くんと名付けられた。

 あれから17年余り。牛舎の隣に「元気くん神社」が設けられ、九死に一生を得た強運にあやかろうと、「参拝」する人たちの姿が絶えない。来場者は2012年からの3年間で年平均約49万7千人。昨年5月には、テレビ朝日系列のバラエティー番組「ナニコレ珍百景」で紹介され、人気が再燃した。

 子どもの歓声に、元気くんはや…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら