[PR]

 7日午後7時55分ごろ、名古屋市中村区名駅4丁目で、「道が陥没した」と110番通報があった。愛知県警中村署などによると、陥没の規模は約4メートル四方で、深さは約5メートル。歩道と、立っていた標識が崩れ落ちたという。けが人はいなかった。

 陥没があったのは名古屋駅前にあるミッドランドスクエアの東側、「シンフォニー豊田ビル」とその地下連絡通路の建設工事の現場付近。

 施工者の竹中工務店によると、7日午後5時ごろ、地下水が現場へ流れ込むようになり、約2時間後、陥没が始まった。同社では、陥没部分を土で埋め戻した後、今後の対策を検討するという。地下水が出た原因は不明だという。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら