大阪市営地下鉄四つ橋線・西梅田駅(大阪市北区)に、同線の車両「新20系」の点描画のような作品が展示されている。実は、自動改札機から出る直径約3ミリの切符のパンチくず約15万個の貼り絵だ。西梅田―大国町が今年、開業50周年を迎えたのを記念し、駅員の1人が300時間かけて作った。

 中改札前の展示スペース「西梅田地下画廊」。縦105センチ、横155センチの作品の横に、こんな作者の「ひとこと」が貼られている。

 「もう二度としない」

 作者は駅助役の山口雅博さん(46)。5センチ四方を作るのに30分。3カ月かけ、西梅田駅で出る約1カ月分の切符くず15万3600個を貼り合わせた。

 10月に50周年を控えた今春、上司から「展示の企画を考えてほしい」と頼まれ、切符くずを使おうと決めた。いつも「もったいない」と思いながら改札機から捨てていた。

 6月上旬から、休憩時間や休日に駅長室や自宅で作業した。パソコンソフトで画質を落としたモノクロ写真を手本にし、ピンセットで一つ一つつまんで両面テープで模造紙に貼っていく。切符の裏で黒、表で白、文字が書かれた部分で灰色を表現した。

 9月下旬に展示すると、「これはすごい」「山下清も驚き」などという反応がツイッター上で次々広がった。改札の係員にも「いい作品ですね」「感動した。次回作を期待している」と乗客から声がかかるという。駅長の畠山次郎さん(50)は「明るくムードメーカーの助役が、周囲を寄せ付けない勢いで作業していた。すごいものを作ってくれた」とねぎらう。

 中学生の頃までガンダムのプラモデル作りやバイクの絵を描くことが好きだったという山口さん。「先の見えない大変な作業だったけど、少しずつ形が浮かび出てくると楽しかった。『ようがんばったな』と忙しい通勤客にも楽しんでもらえたら」。作品は年内いっぱい展示する予定だ。(畑宗太郎)