トヨタ自動車は9日、看板のハイブリッド車(HV)「プリウス」の新型車を発売した。6年半ぶりに全面改良した4代目プリウスの燃費は、最も良いモデルで世界最高のガソリン1リットルあたり40・8キロにした。事前に受け付けている予約は6万台に達しており、納車待ちが4カ月近い人気という。

 エンジンの燃焼効率をよくし、モーターを回す電気の損失を抑えることなどで、3代目よりも燃費を2割ほど改善した。同社のより小型のHV「アクア」などに奪われていた燃費国内トップの座を取り戻す。

 4代目は燃費の性能だけでなく、これまで弱点だった走りの性能にも力を入れた。重心を2センチ下げたりモーターの力を強めたりし、3代目よりも安定してカーブを曲がることができ、強い加速もできるようにした。

 トヨタが新しい方法で設計した車の第一弾でもある。加藤光久副社長はこの日、東京都で開いた発表会で「これから続く『もっと良いクルマ作り』に向けたチャレンジの始まりとなる」と述べた。

 雪道でも走りやすいよう、四輪駆動車もそろえた。消費税込みの価格は二輪駆動車は約243万~320万円、四輪駆動車は約267万円~339万円。

 販売店によると、今購入を決めても、納車は年度内には間に合わない状況という。