【動画】イノシシとみられる動物が海を泳いでいた=松永佳一さん提供
[PR]

 イノシシが田畑を荒らしたり、住宅地に出没して暴れたりする例が各地で相次いでいる。そんな中、山口県東部でイノシシの捕獲数が急増中だ。どこから現れたのか、陸続きの地域だけではなく、周防大島町や平郡島(へいぐんとう)(柳井市)など、従来いなかったはずの島しょ部でも著しく増えている。自治体は奨励金を出すなど駆除対策に力を入れるが、有効策は見つかっていない。

 夕闇迫る伊予灘。平郡島から約400メートル沖の波間をイノシシが泳いでいるのを、柳井港から平郡東港に向かうフェリーの松永佳一船長(50)が見つけた。体長約1メートルのイノシシは、約5キロ先に見える八島(同県上関町)の方向に向かっていたが、フェリーに気づくと素早く向きを変え、平郡島に戻った。

 「10月中旬の午後5時40分ごろでした。前にも2回見たことがある。八島に渡ろうとしていたのでしょう」と松永船長は話す。

 もともと平郡島にイノシシはいなかった。柳井市への報告によると、島で初めてイノシシが捕獲されたのは2014年度。捕獲数は1年間で12頭だったが、今年度は10月末までにすでに77頭。「どこからか海を渡って来たとしか思えない」と市農林水産課の國重和生課長補佐は話す。

 周防大島町の増え方は顕著だ。この島にもイノシシはいなかったはずだが、02年に初めて8頭が捕獲され、昨年度は200倍を超す1621頭まで増えた。町は捕獲者への委託料(奨励金)と防護柵設置の補助金の両輪作戦で対処しているが、イノシシの進出に押されている。

 上関町も事情は同じだ。町によると13年度に初めて2頭が捕獲され、今年度は11月末までに82頭が捕獲された。町の呼びかけで農家などが狩猟免許を取って駆除態勢を整えようとしているが、十分に対応しきれていない。

 町によると、離島の祝島や八島…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら