[PR]

 北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」で、騎手や厩務(きゅうむ)員ら9人が馬券を購入した疑いがあるとして、道警は11日、競馬法違反の疑いで帯広競馬場や騎手の宿舎を家宅捜索するなど捜査を始めた。帯広市は同日に記者会見を開き、同競馬の複数の関係者がインターネットで購入していた可能性があることを認めた。

 市によると、10月末、「競馬場関係者が違法に馬券を購入している」とする匿名の電話が寄せられた。数人の具体名を挙げたため、11月にインターネットサイトの運営業者に、データが残る2013年以降の同競馬関係者の会員登録の有無や、馬券の購入履歴などを照会すると、騎手や厩務員らの名義で購入履歴があった。市の調査に対し、少額の購入を認めた関係者もいるという。

 市ばんえい振興室の佐藤徹也室長は会見で、業務に関係するレースで馬券を購入した例があるかどうかは明らかにしなかった。12日からのレースは、捜査対象になっている関係者を業務から外し、開催するという。

 競馬法では、八百長などの不正を防止するため騎手や調教師、厩務員などのレース関係者が馬券を購入することを禁止している。地方競馬全国協会(東京都)によると、地方競馬では、1987年に広島県の福山競馬場(現在は閉鎖)で騎手が知人に依頼して馬券を購入し、競馬法違反容疑で逮捕されたことはあるが、騎手が自ら購入した例はないという。日本中央競馬会(JRA)でも、79年に厩務員が中央競馬の馬券を購入したとして罰金処分を受けた例はあるが、騎手による購入が明らかになったことはないという。

 ばんえい競馬は北海道開拓の農耕馬遊びがルーツ。ばん馬が重い鉄そりを引っ張り、障害の坂を越えるなどして競う世界唯一の公営レース。14年度の馬券販売額は132億円。