[PR]

■18歳って大人? 霊長類学者・松沢哲郎さん

 生物としてのヒトは、だいたい18歳で大人になります。12~18歳の思春期に第2次性徴が表れて、女らしく男らしくなっていき、平均して18歳でほぼ大人になる、というわけです。もっとも、成長には個人差があり、16~20歳と幅をもった時期に大人になっていく、と考えるべきでしょう。ですから、すべて一律に区切る、というものではありません。

 チンパンジーとゴリラ、オランウータンを合わせてヒト科4属の仲間では、ヒト以外は出産間隔で大人になる時期が決まります。お母さんを独占していた子どもが、次の子が生まれると自立せざるを得なくなるからです。チンパンジーは5年。その間はお母さんを独占し、次の子が生まれてもまだお母さんの近くにいますが、2人目が生まれる10歳ころには自立します。メスなら群れを出て子どもを産む、つまり大人になるのが12歳ころです。

 他の3属と比べて、出産間隔が短いヒトは、お母さんだけでなく、お父さんや祖父母、きょうだいも加わって、家族で子育てをします。母親の手を離れると、すぐに自立するチンパンジーなどに比べて、ゆっくり時間をかけて大人になっていきます。

こんなニュースも