2020年に開催される東京オリンピックの影響で、東京ビッグサイト(東京都江東区)でコミックマーケットが開催できなくなるのでは、とネット上で不安が広がっています。東京都は、五輪開催中にプレスセンターとして使用するため、他のイベントの会場としては使用できなくなる可能性があると明らかにしました。コミケ参加者の間では、計画の撤回や代替施設の手当てを求める声が上がっています。

■19~20年は使用できない可能性

 第三セクター会社を通じてビッグサイトを管轄する都は10月、展示会などの催しの主催事業者を対象に説明会を開き、五輪期間中の使用停止の可能性を伝えました。

 都産業労働局によると、東展示棟は19年4月~20年11月、西展示棟は20年4月~同年10月の間、それぞれ使用できなくなる見込みです。

 大きなイベントだけでも、毎年8月と12月に開催されるコミケ、隔年開催で19年秋に開かれる予定の東京モーターショーが、それぞれ開催できなくなる可能性があります。

 都オリンピック・パラリンピック準備局が示している施設整備計画案では、地上5階の新棟を増築したうえで、プレスセンターと国際放送センターとして活用。植栽による緑化や駐車場の整備などで景観保護や防災拠点としての機能を強化して、五輪終了後も有効活用する方針です。

■同人誌印刷会社の懸念に1万2千超RT

 コミケで即売される同人誌を手がける印刷会社「緑陽社」は11月5日、この説明に対してツイッターで懸念を表明。「ビッグサイトの意見公募に対し、当社は同人誌文化・日本のコンテンツ文化に重大な影響を及ぼすので、回避策をとってほしい旨を述べました」と述べています。

 このツイートは1万2千超のリツイートがあり、反響の大きさがうかがえます。

 緑陽社の担当者は取材に対し、「交通の便の良さもあり、ビッグサイトが会場としては最適。プレスセンターを他の場所に設置するなどの回避策を伝えた」と話しています。

■西日本での開催に期待する声も

 ビッグサイトでは、コミケ以外の同人誌即売イベントも多く開かれています。関係者によると、「同人誌即売イベントの4割はビッグサイトで開催されている、というデータもある」といい、同種の催しの「聖地」となっているのが実情です。

 隣県も含めた代替会場もひっぱくしています。さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)はバスケットボール、幕張メッセ(千葉市美浜区)はレスリングなどの会場に決定。同規模の大会場の確保は困難な状況です。

 一方で、ネット上では「関西の南港や神戸のポートアイランドで開催すればいいかも」「福岡ならマリンメッセ、国際会議場、サンパレス、国際センター、ちょっと離れてヤフオクドームを同時に使えば……」などと、これを機に西日本での開催を期待する声もあります。

■「コミケ会場としても使い勝手良くなる」

 一方、施設整備計画案では、五輪終了後も「コミックマーケットなどクールジャパンを継承する大型イベント開催による歴史・文化を発信し続ける」と明記。都産業労働局の担当者は、「展示棟の増床で、コミケの会場としても使い勝手は良くなる。イベント主催者には、使用停止中の都内外の代替施設の情報提供などで配慮したい」と話しています。(北林慎也)