[PR]

 「宿泊税」導入を目指す大阪府は、1人あたり1泊の税額で、東京都と同じ100円と200円の2種類に加え、高級ホテル向けの300円を設ける検討を始めた。来年2月議会に関連条例案を出す方針で、実現すれば東京都に次ぎ、都道府県で2例目。松井一郎府知事は税収の一部をイルミネーション事業に充てる考えだが、府の有識者会議は18日、使途を懸念する報告書案をまとめる予定だ。

 有識者会議は、看板の多言語化や観光案内所の運営補助などに、年約16億円が必要と試算。報告書案で宿泊税導入を求める。府が検討中の仕組みでは、1人あたりの1泊の税額は、都と同じく1万円以上1万5千円未満は100円、1万5千円以上は200円。さらに高級ホテル向けの300円も検討する。税収見込みは年間約10億円。導入予定の2017年4月は、松井氏の指示で前倒しする。

 大阪観光局によると、府内の外国人観光客は今年1~9月で前年同期比96%増の525万人(推計)。9月の宿泊施設の客室稼働率は全国1位の86・2%で、比較的高額なリゾートホテル部門は95・6%だった。

 松井氏は税収のうち1億円を、大阪市中心部で府と市が実施し、資金難の「御堂筋イルミネーション」に充てる考えだが、府庁内には「流用」との懸念がある。報告書案は既存事業へ充当せず、新規事業や、既存事業であっても新たな展開を図ることで「より一層の効果が期待できる事業」に限るよう求める。(太田成美)