[PR]

 少子高齢化で目減りしていく公的年金。老後、経済的に困らないためには、年金以外に自分でも早めの備えが必要と指摘されています。何から手を付ければいいのでしょうか。専門家にアドバイスしてもらいました。

 「もっと早く対策を知っていれば……」「自助努力を早めにやっておけばよかった」

 社会保険労務士の原佳奈子さんが企業でライフプランセミナーを開くと、60歳目前の参加者からこんな声が相次ぐという。

 「公的年金は亡くなるまで受け…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら