【動画】北九州市の驚きの建築物、門司ゴルフ倶楽部と北九州市立中央図書館
[PR]

 九州を一回りした「まるごと特区」。数々の地域イチ押しの取り組みを堪能してきた、特区部長TOGGY(トギー)さんの鼻息が荒い。「私のふるさとの北九州も、実はすごいんですよ~」。世界文化遺産に一部の施設が登録された八幡製鉄所が有名だが、知る人ぞ知る驚きの建築物がたくさんあるのだという。勢いに押され、部長補佐のミカエラ・ブレスウェートさんと出かけると――。

■市立中央図書館

 北九州市役所そばの市立中央図書館(小倉北区)。日本を代表する建築家磯崎新の設計。開館40年の昨年、建築系出版社が出した「日本の最も美しい図書館」に紹介された――。

 という説明が不要なほどに有名になり、多くの若者が全国から見学に訪れるのは、映画「図書館戦争」のロケが敢行されたからだ。

 情報統制が進む中、「本を読む自由」を守る図書館の自衛組織と、武力行使を厭(いと)わない国家組織との戦いを、淡いラブストーリーをからめて描く。劇中で図書館は自衛組織の基地としての機能を持つ。

 佐藤信介監督が中央図書館をロケ地に選んだ要因は、堅牢な造りだという。

 開館準備のころから関わる図書館職員の轟(とどろき)良子さんが案内してくれた。

 轟さん「打ちっ放しのコンクリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら