愛知県一宮市にはヒーローがいる。うそじゃないよ。虐待やいじめ、悩んでいるなら、手紙に書いて専用のポストに入れてごらん。必ず返事がくるから。

 一宮や春日井、瀬戸市のスーパーなどの片隅に、20センチほどの小さな赤い箱が置かれている。「君はひとりじゃない!」。その下のポスターで、仮面ライダーに似たヒーローがポーズを決めながら呼びかける。

 子どもたちが「ヒーローポスト」に悩みを書いた手紙を入れると、店の人たちが周囲に気づかれないように、ヒーローに届けてくれる。

 返事を書くのは、児童虐待防止に取り組むNPO法人「こどもハートクラブ」(一宮市)だ。

 「お母さんにたたかれてるの」

 「どんなテレビが好きなの?」「また今度教えてね」

 子どもの心を解きほぐしながら文通を続ける。「次につながる返事を書くよう心がけています」。代表理事の小林恵明(けいめい、43歳)は言う。投函(とうかん)される手紙は月に計10通以上。多い時は3、4回やりとりし、虐待の兆候をつかむ。

 深刻なケースは、児童相談所に通報する。だが、保護された子がその後どうなったか、知らされることはない。

     ◇

 虐待を受けている子どもは「SOS」の声を上げづらい。小林自身がそれをいちばん知っている。

 3歳から13歳まで実の父から…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら