写真・図版

  • 写真・図版

 東京を舞台に映画のような物語が歌詞に紡がれてきた。希望、憧れ、望郷、都会の愛。そして――。

 1946年から2014年までにヒットした約5千曲を対象に、タイトルや歌詞に「東京」や都内の地名などが含まれる曲を調べたところ、少なくとも158曲あった。

 終戦直後の40年代は、「夢淡き東京」など「夢」とともに東京が歌われた。歌謡曲と東京の文化の関係を分析した舌津智之・立教大文学部教授は「戦後復興の象徴として、東京は現実以上に明るく歌われた」。その後、60年代にかけて特に多いのが、「男女が自由に恋愛できる都会の象徴だった」(舌津教授)という「銀座」だ。

 集団就職で東京に若者が集まった60年代は、故郷を思う歌が増えた。その後、東京は70~80年代に消費都市として成熟。♪空を飛ぶ 街が飛ぶ――と東京のエネルギーをダイナミックに歌った「TOKIO」は80年に発売された。社会学者の太田省一さんは「東京が最も憧れられたのが80年代」と考える。

 90年代にかけて増えたのが「渋谷」「原宿」「表参道」。だが、00年代以降、東京に関わる言葉は少なくなった。Jポップの歌詞から若者文化を研究している阿部真大・甲南大准教授は「歌における東京の優位性は90年代で消えた」。長い景気低迷やインターネットの普及、郊外型大型店の出店が相次ぎ、東京が特別な場所ではなくなったことも影響したとみる。

 ただ、分析対象外のアルバム収録曲などに「東京」が含まれる例もあった。今後、東京はどう歌われるだろうか。阿部准教授は「無機質な都会ではなく、ほっとする街としての歌が増えるだろう」と言う。

■作詞家・松本隆さん「磁場、どれだけ残せるか」

 木綿のハンカチーフ(太田裕美、1975年)、スニーカーぶる~す(近藤真彦、80年)、ルビーの指環(ゆびわ)(寺尾聰、81年)……。数多くのヒット曲を世に送り出してきた作詞家の松本隆さん(66)に、東京と歌について聞いた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら