[PR]

 鉄道会社なのに「ぬれ煎餅(せんべい)」で有名な銚子電鉄(千葉県銚子市)。先日も駅の愛称の命名権を売り出して話題になりましたが、今度は「イルミネーション電車」がネット上で話題になっています。車両を見た人たちからは「ガチでやばかった」「なんかいやらしい」といった声が上がっています。いったいどんな車両なのか? 企画の狙いについて銚子電鉄に聞きました。

■銚子電鉄とは

 かつて、運行中止の寸前まで追い込まれた時に「電車運行維持のためにぬれ煎餅を買ってください」と呼びかけて危機を脱した銚子電鉄。現在は鉄道収入より、ぬれ煎餅の方が利益を上げています。

 つい先日は、駅の愛称の命名権を売り出して「髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅」に決まったことが話題になりました。

 今回話題になっているのは、そんな鉄道会社の「イルミネーション電車」です。

■引退予定の1001型に電飾

 電飾が施されているのは、2016年2月に引退予定の1001型。かつて銀座線で活躍していた車両です。

 銚子駅と外川駅の間を1日2往復していますが、貸し切りや年末年始、電車の修繕などで運行できない日もあるそうです。料金は通常の乗車運賃のみで、追加料金はかかりません。

 11月末に運行を始めましたが、ピンクとゴールドのLEDで飾り付けられたインパクトのある内装が、ツイッター上で話題になっています。

 「これはエロい」

 「なぜ車内の照明をこの色にした」

 「グッジョブ」

 「ガチでやばかった」

 「なんかいやらしい」

■担当者に聞きました

 なぜ車内がピンク色なのか? 銚子電鉄の担当者に話を聞きました。

 ――イルミネーション電車を走らせたきっかけは?

 「多くの人に乗っていただかないと運行できないため、何か企画しようと考え、クリスマスが近いということもあってイルミネーションにしました」

 ――今回が始めてですか?

 「そうです。予算は30万円で担当者は1人だけです。主にネット通販で資材を購入して、手作業で取り付けています。銚子電鉄で現在運行可能な車両は3編成ですが、そのうちの1編成を使っています。残り2編成は通常運行で使用しており、どちらかが故障したり、点検が必要になったりした際は、この車両を使わざるをえません。ですので、すぐに取り外せるように外側はネットをかぶせた上で、そこに結束バンドでイルミネーションを取り付けています」

 ――内装のピンク色が目立ちますが

 「一般的なイルミネーションだと、お金をかけている他の所には勝てません。狙ったわけではないのですが、ネット上では『夜のお店みたい』といった声も上がっているようです。写真で見るとそうかもしれませんが、実際に乗っていただいたお客さまからは好評です」

 ――乗ってみたくなった人へメッセージを

 「銚子電鉄では走っている車両も駅も、昭和を感じさせるつくりになっています。ちょっとレトロなイルミネーション電車に乗って、雰囲気を満喫していただければと思います」(若松真平)