[PR]

 津波で被災し、集団移転をした集落の跡地に羊を放牧する試みが、宮城県岩沼市で始まった。荒れ放題の土地で雑草を食べさせ、訪れる人にもなごんでもらい、交流の場にできないか。被災自治体が移転跡地の活用や管理に頭を悩ませる中で、生まれたアイデアだ。

 もとは住宅が並んでいた海岸近くの一角。黒い顔をしたサフォーク種のオス2頭「たま」と「うら」が、柵の中でのんびり草をはんでいる。岩沼市で復興支援にあたる青年海外協力協会(JOCA)が昨年11月、試験放牧を始めた。羊がどれくらいの面積の雑草を食べるかや、飼育にかかる手間などを調べている。

 岩沼市では被災した6集落が、内陸部の玉浦西地区に集団移転をした。跡地は市が買い上げ、千年希望の丘公園として整備したり、メガソーラーを設置したりしているが、多くの場所は活用されないままだ。災害危険区域に指定され人が住めない場所だが、草取りなど最低限の管理は必要になる。

 JOCAが羊の放牧を提案し、市から土地を借り受けた。草が伸び放題の景色を変え、集団移転先の人たちにも飼育にかかわってもらい、交流の機会にする。近くの小学生に毛刈り体験をしてもらうなど、様々な可能性を探る。

 JOCAは、同じように羊を放…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら