[PR]

 路上に寝込んだ人が車にはねられる事故が相次いでいる。東京都内では2015年、死亡事故が前年の5件から10件に増えた。飲酒の機会も多いこの時期、警視庁は元日から「寝込まナイトキャンペーン」を始めている。

 昨年11月4日午前0時半ごろ、東京都墨田区の区道で無職の70代男性が道路中央に横たわり、トラックにひかれて死亡した。近くの居酒屋で酒を飲み、店を出た後に路上で寝てしまったという。

 警視庁によると、東京都内で昨年に路上寝で死亡した10人のうち、飲酒していたのは7人。警視庁は、送別会時期の3月末まで、トラックやタクシー、バス協会にビラを配り、飲み屋などの飲食店や街頭で注意を呼び掛ける。路上寝込みに絞った活動は初めてだ。

 路上寝込みで検挙されたケース…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら