【動画】天然ホヤの花畑 宮城・女川沖=諫山卓弥、竹花徹朗撮影
[PR]

 宮城県女川町竹浦沖の海中で、三陸海岸名産の天然のホヤが花畑のように群生している。29日の海水温は11度。真冬の海の水深約10メートルの岩だなにびっしりと広がっている。

 この地区ではホヤの養殖が盛んだったが、東日本大震災の津波で養殖いかだが流され大きな被害を受けた。天然のホヤを採取し、種苗を得ることで、養殖が再開できた。

 協力する地元のダイビングショップ「ハイブリッジ」の高橋正祥さん(36)は今月上旬、種付けのための天然ホヤの採取を終えたばかり。「地元漁師さんの力になりたいという気持ちで始めた。続けることが復興につながると思うのでこれからもやっていきたい」と話していた。(諫山卓弥)