[PR]

 30日の東京株式市場は、買いが先行している。午後1時の日経平均株価は、前日終値より93円23銭高い1万9075円46銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は、8・34ポイント高い1551・73だった。午前の終値は、前日より61円78銭(0・33%)高い1万9044円01銭。TOPIXは同4・81ポイント(0・31%)高い1548・20だった。出来高は7億5千万株。

 原油先物価格の上昇で、前日の米国市場が大幅高になった流れを引き継いだ。外国為替市場の円相場で、ドル安円高の流れがやや落ち着いたこともあり、輸出関連株を中心に買われている。「節目の1万9000円を回復して年内の取引を終えたい」(大手証券)との声が多く聞かれた。

こんなニュースも