[PR]

 大仁邦彌(だいにくにや)会長の任期満了に伴う日本サッカー協会の会長選挙は31日、東京都内で開かれた同協会の臨時評議員会で投開票があり、田嶋幸三副会長(58)が原博実専務理事(57)を破り、次期会長に選ばれた。同協会は今回の改選から新しい制度を導入。初めて選挙で会長を選んだ。これまでは一部の幹部が決めて、評議員会で追認していた。

 得票数は、田嶋氏が当選に必要な過半数の40票、原氏が34票、白票が1票。Jリーグのクラブや都道府県協会の代表らが務める評議員75人が投票した。田嶋氏は3月27日の評議員会、理事会を経て第14代会長に就任する。任期は2年。

 田嶋氏は、Jリーグを現在の春開幕から夏開幕に変えることなどを政策に掲げていた。日本協会理事会は理事28人の投票の結果、田嶋氏を理事会選出の候補者に推していた。田嶋氏は「身の引き締まる思いだ。掲げた政策を確実に実行していく」と話した。

■田嶋氏の話 「指導者育成や試…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも