[PR]

 秋田県内の消防職員3人が県消防学校(由利本荘市)で、上半身裸でポンプ車のホースを尻に突き付けたり、ひっくり返った格好で荷台に乗ったりした写真を撮影し、ツイッターに投稿していたことが分かった。保坂雅弘校長によると、3人は行為を認め現在、謹慎中だという。

 保坂校長によると、3人はともに20代で、県内の別々の消防本部に所属する。救急隊員をめざす救急科課程を学ぶため、1月6日から入校していた。写真は研修後の夜間、筋力トレーニングなどのため開放している屋内訓練場で撮影されたとみられる。写真は、「救急科来たっけ、ポンプ車の扱い方みんな忘れてる」という書き込みとともに、投稿された。

 第三者から29日、写真投稿について問い合わせがあり、同校が3人に尋ねると認めたため、削除をさせたという。研修は2月1日からあるが、3人は処分が決まるまで自宅謹慎となった。

 研修には計72人が参加し、他の職員が関与しているかは調査中だという。

 保坂校長は「消防職員としての自覚を欠いた行為。県民の皆さんの不審を招くこととなり、申し訳ない」などと話した。(新井涼子)