[PR]

 「節分の日に丸かぶりすれば福が来る」という「恵方巻き」を一足先に味わう催しが31日、大阪・道頓堀であり、7組21人の女子大学生らが参加した。

 大阪海苔(のり)協同組合がのりの消費拡大を狙って開く恒例行事。今年の恵方「南南東」を向き、かんぴょうや卵焼き入りの約20センチの巻きずしをほお張った。

 本格的な景気回復が期待される今年、参加者の願いも就活成功や目標探しなど様々。一方、最速で食べきった3人は「おいしくてお願い事を忘れてました」。