[PR]

 暖冬で遅れていたスキーシーズンがようやく到来した。1月31日、滋賀県米原市の奥伊吹スキー場では今季最多の約4800人が訪れ、雪原はカラフルなウェアで彩られた。

 同スキー場は雪不足のためオープンを1週間延ばしたうえ、年末年始以外は営業を取りやめていた。1月中旬にまとまった雪が降り全面で滑走可能になったが、例年に比べると積雪は半分程度で、今後も雪を待ち望む日が続くという。(森井英二郎)