[PR]

■キャンプの素顔

 広島は31日、キャンプ地の宮崎県日南市に入った。空港での華やかなセレモニーとは一転し、練習漬けの日々が始まる。1シーズン戦い抜く土台を作るのがキャンプだ。通算2000安打にあと29本と迫る新井は「キャンプでしっかり追い込んでやりたい」と意気込んだ。

 緒方監督はキャンプインに備えた全体ミーティングで、「昨季は最終戦に勝ちきれずに4位に終わった。その悔しさを持ち続けて戦っていこう」と選手に語りかけた。今季のチーム方針については、「投手中心に守り勝つ」「接戦で1点を奪う」と細かく説明した。昨季は、「継続」とだけ伝えていたという。ただ、選手は指揮官の意図を消化できなかった。その結果、クライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。

 緒方監督は就任2年目で、言葉の大切さを再認識したのだろう。今季、選手に向けてだけでなく、報道陣にもどのようなコメントを残すのか。広島の担当記者として、聞き漏らさないようにしていきたい。(吉田純哉)

こんなニュースも