[PR]

 ドラマ「ゲゲゲの女房」で、水木さん夫妻を演じた、向井理さん、松下奈緒さんも弔問に訪れた。

 向井さんは、ドラマを演じる際、水木さんから「好きなようにやりなさい」と言われ、「不安や葛藤が吹っ飛んで進むことができた」という。「包み込んでくれる人。これが本当の武良茂さんだと思った。先生の背中を追いかけるので精いっぱいだった」と振り返った。訃報(ふほう)を聞いた時は「信じられなかった」といい、「不死身のような人だと思っていた。どこかに、まだ漂っているのではないか。僕は茂さんというよりも、残された奥様に対して悲しみの気持ちがある」と、布枝さんを心配した。

 松下さんも「大事な奥様のことを、どこからか見てくれているのではないかと思う。布枝さんはいつもそばで先生に『おとうちゃん、おとうちゃん』と声をかけていた」と懐かしんだ。