[PR]

 防衛省統合幕僚監部は31日、中国軍のY9情報収集機とY8早期警戒機が、東シナ海から対馬の南を通って日本海中部まで飛行するのを確認したと発表した。航空自衛隊の戦闘機を緊急発進させたが、領空侵犯はなかった。中国軍機が東シナ海を抜けて日本海まで飛行するのを同省が確認したのは、初めてという。

 同省は飛行の意図について分析を進める。日本海では、北朝鮮の弾道ミサイル発射を警戒し、海自の艦船などが展開している。