[PR]

 箱根駅伝の第92回大会第1日は2日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路5区間107・5キロに20大学と関東学生連合が参加して行われ、連覇を狙う青学大が2年連続2度目の往路優勝を果たした。3分4秒遅れの2位に、昨秋の全日本大学駅伝を制した東洋大がつけた。3位は8年ぶりの総合優勝を狙う駒大、4位に山梨学院大、5位に早大が入った。

 青学大は1区久保田がトップでたすきをつなぎ、3区秋山、4区田村も区間賞の走りで差を広げた。往路では第81回大会の東海大以来、5区間すべてで1位を譲らない完全優勝だった。

 最終日の3日は、芦ノ湖から大手町までの復路5区間109・6キロを走り、総合優勝が決まる。

【往路成績】

①青学大      5時間25分55秒

(久保田、一色、秋山、田村、神野)

②東洋大      5時間28分59秒

③駒大       5時間31分15秒

④山梨学院大    5時間33分24秒

⑤早大       5時間34分17秒

⑥日大       5時間34分28秒

⑦順大       5時間35分39秒

⑧東海大      5時間35分45秒

⑨帝京大      5時間36分36秒

⑩拓大       5時間37分42秒

⑪城西大      5時間37分42秒

⑫東京国際大    5時間38分6秒

⑬日体大      5時間38分12秒

⑭中央学院大    5時間38分19秒

⑮神奈川大     5時間40分36秒

⑯中大       5時間41分8秒

⑰明大       5時間43分22秒

⑱上武大      5時間44分37秒

⑲法大       5時間45分54秒

⑳大東大      5時間48分48秒

※関東学生連合   5時間39分1秒

(※関東学生連合はオープン参加のため順位なし)